昭和20年代の歌

  • 2020.09.20 Sunday
  • 14:56

先日ある昭和20年代に流行した曲について調べる機会に恵まれました。曲を聴いてみると自分も知っている曲でしたが何についての曲なのかは知らなかったのです。その曲の背景を知った時、急に何か胸に迫る物がありしばらく涙が止まりませんでした。別に悲しい気持ちになった訳ではないのですが強く心が揺さぶられたのです。滅多にない経験でした。その曲は戦後の孤児達を描いたラジオドラマの主題歌でした。普段ならただ理解して終わるのに何故この様な気持ちになるのだろうとまた本で調べる事にしました。

 

いつも使うパラマハンサ・ヨガナンダの本のページを目を閉じてめくってみると眠らぬ聖者の事が書いてありました。よくわからないのでもう一箇所開くとドイツの聖女に関する所で、彼女は人々の病を自分に受けて癒すという人でした。まだ分からず3回目に本を開くとババジが弟子の肩をたきぎで燃やした後、更に癒すという話でここでは前出の眠らぬ聖者に関する事もまた出てきました。もう一度眠らぬ聖者の話を読み直すと彼は別れ際にヨガナンダの背中の痛みを取り除いたとあったのです。

 

これら三つの話に共通する事は痛みが取り除かれたという事です。そこで私なりに解釈をしてみました。それは自分のアカシックにある一文がこの昭和の曲に象徴されているのではないのかという事です。そして痛みを再認識した事で自動的に癒しに繋がったのではないのかと感じました。別の言い方をすれば、痛みを思い出したと同時に癒しも思い出したという感じだったのかもしれません。

本日はエネルギーに親しむ会でした

  • 2020.09.12 Saturday
  • 20:18

本日のワークショップは無事終了致しました。ご参加下さいました皆様と灯台屋さんに心より感謝致します。それぞれの方が選ばれた探索場所は他の参加者の方々にも深い縁のある場所だったのだろうと感じています。

 

探索ではそれぞれの方が公にされていない情報を受け取られていました。ビジョンを共有して頂いた事で自分の中で謎だった事のヒントが得られたり発見もありました。

 

見えたビジョンの中で意味不明な部分があったとしても全く問題はありません。おそらく何日かして、あるいは何年かしてから必要なタイミングで意味がわかる様になると思っています。ワークショップ終了後、なぜか参加者の皆様が眩しかったです。ありがとうございました。

 

黒鏡の様子に変化

  • 2020.09.11 Friday
  • 21:29

最近黒鏡を見ていている時、以前とは明らかに違う様子がたまに出てくる様になりました。今までは鮮やかなレーザー光線の様な色彩や細かい光の流れが多かったのですが最近たまに見るのがゴツゴツした岩の洞窟の様な光景が続いているというものです。

 

その岩の質感は艶やかな黒曜石の様にも見えます。見ているとトンネルの奥へ奥へと進みますが、その岩のトンネルの終点を見た事はなくいつも眠ってしまいます。地味な光景ですがこれはこれで面白いと思います。そしてこれが毎回見られる訳ではないという点に疑問を感じているのです。

9月12日(土)ワークショップ 〜エネルギーに親しむ会〜 

  • 2020.08.25 Tuesday
  • 09:53

 

〜エネルギーに親しむ会〜 

 

目に見えないエネルギーに気付く事によって得られる様々な恩恵は大変貴重であり尽きる事がありません。物質とは全く違った法則と特性を持っているエネルギー体について実際の体験を通じて理解して頂くのがこのワークショップのテーマになっております。

 

興味はあるけれど、普段の生活で目に見えないエネルギーを認識したり感じたりする事があまりないという方もどうぞお気軽にご参加下さい。

是非この機会を通じて不思議な世界を体験して頂ければと願っています。

 

 

以下の事を皆さんで体験する予定です。

 

/搬里亮辺にあるエネルギーを使って空間の障壁をこえてみる。

 

 ・参加者の方々で国内外の行ってみたい場所の情報を得る。

 ・物質の周辺にあるエネルギーを実際に感じてみる。

 

➁非物質的エネルギーを認識する練習法のシェア

 

 ・空間に存在するエネルギーの認識方法についてのご紹介

 ・土地のエネルギーに関するエピソードシェア等

 

 

2020年9月12日(土) 

開催場所:灯台屋さん@todaiya_m

13時〜15時まで

参加費 3000円

 

ご予約は

onenate58@yahoo.co.jp

またはTwitter DMまでお願いします。

ワークショップ 〜エネルギーに親しむ会〜 

  • 2020.08.11 Tuesday
  • 17:11

 

この度、武蔵新城の灯台屋さんにて「エネルギーに親しむ会」を開催する事となりました。

今回は身体の周りにあるエネルギーの存在を確認して皆さんで親しんでみようという会になります。

 

人体や自然界の目に見えないエネルギーに興味を向け、少人数でエネルギーによる体験をシェアしながらエネルギーの不思議な性質を理解する事を目指します。どなたでもご参加頂けますのでどうぞお気軽にお申し込み下さいませ!

 

 

2020年9月12日(土) 

開催場所:灯台屋さん@todaiya_m

13時〜15時まで

参加費 3000円

 

ご予約は

onenate58@yahoo.co.jp

またはTwitter DMまでお願いします。

 

 

 

ヘミシンクでガイドを呼び出し?

  • 2020.07.10 Friday
  • 18:26

最近、以前購入したヘミシンクを引っ張り出してきて時間を見つけては聴いています。その中で4人のガイドを呼び出すというものがあります。これを横たわって両手の平を体の横で上向きにして聴いてみました。すると早い段階で両手の平の中に何かがぐるぐる回転し始めました。てっきりガイドが表れて私の両手の平に触れてきたのかと思っていました。両足の裏にもエネルギーを感じたので、4人のガイドが左右の手足に分散して現れたのかもしれないと決めつけていました。

 

けれども何度かこのエクササイズを繰り返すうちに自分は4人のガイドに接触しているというよりも別のエネルギーにフォーカスしている事がわかってきたのです。それではこの両手のぐるぐる感は?という疑問が湧いてきました。確かめる為にある夜暗い所で両手を見つめながらヘミシンクを聴きました。するとしだいに両手の平の中指の付け根に近い部分が青白く光り出し、細かい青白い線が複雑な図形を作りながら立体的に回転している事がわかりました。目を閉じ、体の横に両手を置くと回転する立体の渦は反時計回りであり、胴体の方向に30度程の傾きを保っていました。

 

このエネルギーは手の平のチャクラとは別の位置にあるのです。しかもこのエクササイズをすると鎖骨のすぐ下に強く圧力を感じます。この場所も喉と胸のチャクラのポイントとは別である所が不思議なので、引き続き調べ続けようと思っています。

エメラルド原石の事

  • 2020.06.14 Sunday
  • 18:09


先日お気に入りのエメラルド原石が消えてしまいました。薔薇の鉢植えの中に置いて日光浴させていたのですが不思議です。高価な物ではありませんでしたが、エネルギーが強くお守りの様にお世話になった石だったのです。一日前には確かにあったのにとショックでした。

 

石がなくなった事の意味を求めて久しぶりにパラマハンサ・ヨガナンタの本を手に取りぱっと開いてみました。するとそこに書いてあったのは彼が母からもらった護符をなくした事を師匠に慰めてもらっている場面でした。その護符は役目を果たしたからなくなったのだという事でした。
 

私のエメラルドも何かの役目を果たし終えて消えたのでしょうか。カラスがどこかへ運んで行ったのかもしれないけれど。次の朝に見た夢は自分の体が全身エメラルド原石となって横たわっているという物でした。この夢は謎ですが、石が消えた事はきっと今の自分に必要なデトックスだったのだろうと思っています。

黒い鏡

  • 2020.05.18 Monday
  • 14:45

寝る前に黒い鏡を見ています。これは何年も前に自作した直径10センチ程のものです。普段はそのまま見るのがほとんどですが、昨日は海外のバイノーラルビートをヘッドフォンで聞きながら見てみました。

 

いつもは腹ばいになって見るのですが、昨夜は仰向けで手に黒鏡をもって試してみたのです。手の筋肉を使っているので深くは入れないのですが、美しい色彩が見られたので嬉しく思いました。

 

鏡を目の前にかざすとすぐに鏡の中にいくつもの光の線が走ります。きれいだったのは薄いオレンジ色、エレクトリックブルーの2色が強く出て来てもの凄い勢いで回転している様子。そうかと思えば、他の色の光線が登場してきて一緒に回転する。そのうち線が渦になった塊の中心に図形が出現し回転し続ける。

 

この渦の中心に図形がくっついたものは日中の空間にも観察しています。ただ昨夜のものは色鮮やかだった。これは音声を聞きながら見たせいだったのだろうと考えています。何も聴かないで見る線は黒鏡の上ではほぼ銀色ですので。光の色や図形の様子から何を表しているのかなど意味を考えても良いかもしれません。これからも黒鏡のスクライイング練習を続けて、様々な印象を読み解く事ができる様になりたいです。

ヘミシンクで探索

  • 2020.05.08 Friday
  • 23:11

ヘミシンクのフォーカス15で世界地図を20分割した区分を探索してみた時の記録です。アフリカ周辺は終了したので次の目標を北米のラスベガス周辺と決定し、順番にフォーカス番号を上げていきました。15になると頭上と前方から強い圧力を感じ、更に右膝裏に強い痛みが走ります。最後に「ブディンカンチャ」という言葉がやって来ました。

 

ヘミシンク終了後に調べてみると、ブディン(プディング)もカンチャ(カンチャコーン?)も南米の言葉です。なぜ北米を目標にしたのに南米の食べ物にたどり着いたのか疑問で調べ続けていたら中米のニカラグアにラスベガス遺跡というものがある事がわかりました。もしかしたらこちらの方のラスベガスにまつわる言葉が出て来た可能性もあるのではと勝手に考えてみました。

 

次の日自分に縁のある場所を占星術のマップで調べていると、例の中米のラスベガス遺跡付近が自分の土星のセッティングと重なっている事が判明したのです。使った占星術ソフトではニカラグアは北米グループに位置付けされているので、ネバダ州もニカラグアも北米エリアという事なので一応探索の場所は目標通りだったかもしれないです。土星のラインなので仕事に関係すると考えてみると、自分が中米に住むとお店でトウモロコシ料理を作るという様な感じなのでしょうか。あるいはもっと違う意味で「ブディンカンチャ」が登場するのかはまだわかりません。

 

興味を持ったので再度ニカラグアをフォーカス15で探索するとクリックアウトして寝てしまいましたが、起きる時に「カブトムシは火山灰の中でこそよく育つ。」という言葉を得ました。何か火とか太陽に関係する意味が含まれていそうなのですが今は解読できていません。今回初めてフォーカス15にチャレンジしましたが、イメージはほとんど持ち帰れないけれど単語は少し出てくるという事がわかり興味深かったです。意味不明な事もしばらくしてから記録を見直すと言葉の意味についての発見があるのではないだろうかと期待しています。

 

夢に出て来た天然石

  • 2020.04.03 Friday
  • 13:51

以前寝る前に幾何学図形を黒曜石の面に視覚化するという練習をしていて、いつのまにか眠ってしまった事がありました。朝になって夢から覚める瞬間にスピネルという言葉をどこかから教えられました。

 

スピネルについて調べると、それは天然石でその結晶が自分が見ようとしていた正八面体であったことがわかりとても驚きました。理由もなく今の自分に縁がある石なのだと思い込み、都内まで出かけて行って石を購入しました。

 

家で石のエネルギーを調べてみると、頭の中心にビリビリとした刺激を受けたのです。今まで頭の中に働きかける石には出会っていなかったので、この石は今の自分に必要なエネルギーをサポートしてくれているのではないかと感じました。感謝してそのビリビリするエネルギーと共鳴しました。夢で天然石が自分の存在をアピールして来たという事は不思議ですが、何だか可愛らしいなとも思っているのです。